GIVENCHY(ジバンシィ) ランタンポレル ブロッサム クリーム コンパクト レビュー

この世界に無駄なものはない。
そう言う人がいる。

その言葉、厳密には

この世界には必要な無駄と
不必要な無駄がある。

が、ワタシ的正解だと思っている。

もし私たち女が
ただありのままに、歳月とともに、
今日を過ごすことが「生きること」
だとするならば、

たぶん、美容とは
単なる【無駄の極み】に成り下がる
ものなのだと思う。

私は「コスパ」だけに
執着する人はあまり好きじゃない。

なぜなら人生には
とくに女という生き物の人生には
経済効率だけでは図れない

【必要な無駄】が男よりもきっと
たくさんあると思っているからだ。




この夏、私の人生の頁に
何度も書き綴ったGIVENCHY(ジバンシィ)。

その度にキラキラとした
10代の少女時代にさえ経験したことのない
だけど何の意味もない最高の思い出の瞬間が
私の脳裏に焼き付いた。

女心を無条件にシアワセに塗り替えてしまう
ピンク、という魔法の色。

それも、ただのピンクじゃない。

私たち大人になった女が惹かれるのはいつも、
品やかさと華やぎを兼ね備えた
こんなベビーピンク。

厚みと存在感のあるコンパクトを開くと
白とベビーピンクのマーブル模様が
目に飛び込んでくる。

それが一体何なのか、
初めて目にする瞬間にはきっと誰もが
その答えを持ち合わせないはずなのに、

なぜかこのコスメに
意味もなくときめいてしまう。
そんな唯一無二のシアワセコスメ♡

こんなコスメ、
ほかにあるだろうか。

正体を明かすと、
これは女性の日中の肌に
潤いとツヤを与える保湿クリーム。

色を調整したり加えたりする
メイク品ではない。




付属のパフに軽くクリームをとって
スキンケア後やメイク後の肌に乗せる。

水分量43%の持ち歩くスキンケアは
肌に触れると少しひんやりと心地よくて

保湿・トーンアップ、ハイライト、毛穴カバーと
いくつものケア効果をさり気なく発揮してくれる。

少しだけ含まれているUVケア効果のおかげで
メイクの上からこのクリームを重ねれば
外出中に日焼け止めクリームから塗り直す必要もない。

フランス本国内でも
このランタンポレルブロッサムクリームコンパクトは
在庫切れが頻繁に起こるそうだ。

肌をトラブルのない状態に保つ「スキンケア」と
より美しく整えられた肌を目指し向上させる「美容」は
本来、似て非なるものだと思う。

兎角、女という生き物は単細胞な男と違って
見える世界と視野の広さ、感じる気配と香りの深さ、
【第六感】とさえ昔からいわれるほど

構造上その感覚の鋭さは明らかなのだ。

だからこそある意味無駄だと分かっていても
このマーブル模様したベビーピンクと白の
コスメを見てこんなにもキュンと、ときめく。

この「キュン」が女の心身にもたらす、
強いてはその結果、隣にいる男に、家族に、地域に、
最終的に国や世界にもたらす恩恵は計り知れない。

これが無駄といえるだろうか。
少なくとも必要な無駄だと私は言い切る。

美容の「容」とは、
”ゆとりあるさま”を指す意味ももつ。

美しさを追求する行為を指す
本来の意味はもとより

美しく、ゆとりあるさま。

そこにこそ美容・コスメの存在意義が
あるのだと私は思う。

美容とは
世界最強の必要な無駄なのだ。