makeup

【超簡単】今更聞けないメイクのコツ【誰でも出来る3つの実践】

今更聞けないメイクのコツ

何となくメイクして失敗してしまう・・・
不器用でなかなか思うように仕上がらない・・・
雑誌やSNSで見るメイクみたいにできない・・・
でも「今更聞けない・・・」

今回はこういった方を対象とした
簡単メイクのコツを3つ、お伝えしていきます。

  • メイクは3つのポイントを押さえればOK
  • 最低限知っておきたい「3つのポイント」の解説
  • 誰でも出来る3つの実用メイクのコツ

私がメイクに関心をもったのは

アイドルのビジュアル監修の仕事を
ひょんな流れでやることになったのが
最初のきっかけでした。

自分事ではなく
商品としての「彼女たち」が

使うコスメとメイクによって
一体どれほど変わるのか・・・?

現場で目の当たりにしてきたからこそ
気づけたことがたくさんあります。

【超簡単】今更聞けないメイクのコツ【誰でも出来る3つの実践】

今更聞けないメイクのコツ

この記事では私が
仕事の現場と自分の経験で培った

本当に使える・簡単なメイクのコツを
厳選してお伝えしていきます。

メイクは3つのポイントを押さえればOK

結論からお伝えしますね。

私が行き着いたメイクのコツは
次の3つのポイントです。

  1. ツヤ感
  2. 血色感
  3. バランス感

このポイントを押さえるような
アイテムを選び、簡単なコツを押さえれば

誰でもある程度までなら
今日にでも良く見えるメイクができます。

まずはこの3つのポイントを
よく覚えておいてください。

最低限知っておきたい「3つのポイント」の解説

ではそれぞれのポイントについて
もう少し具合的に掘り下げますね。

ポイント1つ目「ツヤ感」

メイクは目の錯覚を利用して
実際よりもよく見せる技術

だと思っています。昔から

肌艶

という言葉があるように
ツヤ感というのは人の
状態の良さを印象づけますね。

つまり

「ツヤ感」をメイクで演出すれば
それだけで実際の状態よりも
格段によく見えるともいえます。

メイクでツヤ感を演出するのに
有効なアイテムはおもに

  • プライマー下地
  • ハイライト

です。

ツヤ感を出す簡単な方法は
この後のチャプターでオススメ方法を

ほかのポイントと合わせて
ご紹介していますので参考にしてください。

ポイント2つ目「血色感」

人間は本能的に

生命力が高そうなもの

に惹かれます。

元気がなさそうな人よりも
いつも明るくて
溌剌としている人のほうが

好まれやすいのは
想像しやすいですよね?

血色感というのは

「血」「色」「感(じ)」

と書きます。

いうなれば
“生命力感”ということですね。

そのためメイクでは
この血色感が重要になるわけです。

メイクで血色感を演出するのに
おすすめなアイテムはおもに

  • コントロールカラー下地
  • チーク

です。

血色感を少し出すだけでも
一気にメイクが垢抜けるので

ぜひ血色感のあるメイクは
習得していただきたいと思います。

ポイント3つ目「バランス感」

実はメイクで見落としがちなのが
このバランス感です。

一つ一つのポイントメイクばかりに
気をとられてしまって全体のバランスに
目が向いていない女性は多いです。

メイク上級者というのは
このバランスをよく心得ています。

俗に「引き算メイク」

と呼ばれたりもします。

メイクを全体として捉え
メインのポイントを1つ決めたら
残りのサブポイントは控えめにする。

これによって
全体のメイクのバランスがとれ

過不足のない整った印象
仕上げることができます。

誰でも出来る3つの実用メイクのコツ

リップでは実用編として初心者向けに
オススメな簡単メイク方法をご紹介します。

ぜひトライしてみてください。

ツヤ感を出す実用メイクの方法

ツヤ感を出すために
もっとも簡単な方法とは

「プライマー下地」を使うことです。

下地にも色々な種類がありますが
プライマー下地は文字どおり「ツヤ感」を
出すためのアイテム。

ポイントは

(塗った時の状態が)透明に近いタイプ

を選ぶこと。

その後のベースメイクやポイントメイクの
邪魔にならないものを選ぶといいです。

このタイプであれば
とくにポイント塗りせず
全顔に塗っても大丈夫なので

とくに初心者さんは
そのほうが失敗しづらくオススメです◎

美容通にはファンデーションよりも
下地を好む人が多いのをご存知でしょうか。

昔の下地と違って今の化粧下地は
本当に優秀なものがたくさんあるので

そういった下地アイテムを使えば
誰でも簡単で綺麗に見えますよ。

血色感を出す実用メイクの方法

アイテム1つで血色感を出すなら
ずばり、チーク!

ほかにも血色感を演出するアイテム
メイク方法はいろいろありますが

誰でも簡単すぐに実践できるものなら
だんぜんチークがオススメです。

中でも私が
初心者さん向けだと思うのは
クリームチークです。

一般的には
単色のパウダーチークを
最初に選びがちですが

かならずブラシをセットで
使う必要があるため

初心者さんとか不器用さんには
実は少しハードルが高いです。

リキッドタイプのチークもありますが
かなり水っぽいため慣れが必要。

リキッドは中級者以上の
使用がオススメですね。

入門・初心者さんはぜひ
クリームチークを使ってみてください。

クリームチークの使い方のコツ

クリームチークはかならず
中指か薬指、あるいは
この両方の指を使います。

人差し指は使いません。

理由は、

人差し指だと
力がうっかり入りやすいためです。

チークの入れ方テクニックは
本当にたくさんありますが

誰にでも簡単にできる方法としては

ニッコリ笑ってみて
頬が一番高くなる位置を中心にすること。

この中心から外に向かって
徐々にグラデーションになるよう
3〜4センチ大に丸く広げます。

色効果が薄れるので
広がり過ぎないよう気をつけます。

色はコーラルピンクが
誰にでも似合いやすくオススメです。
※コーラルピンク=オレンジみのあるピンク

これだけでいつものメイクが
グッと垢抜けて見えますよ◎

バランス感を出す実用メイクの方法

結論からお伝えすると

バランス感を出すためには
着地から逆算すること。

これが「引き算メイク」と呼ばれる
理由なんだと思います。

メイクに慣れない人はついつい
足し算メイクに陥りがちなんですね。

では、慣れないうちは
どうすればいいのか?

簡単な方法としてオススメなのは

今日のポイントメイクで
メインを1つに決めること

です。

ポイントメイクには

・眉
・目周り
・チーク
・リップ

おもにこの4パーツがありますので
この中から今日のメインを決めます。

1点集中にするということです。

とくに
慣れないうちは失敗しやすいのと

メインにするメリットが
あまりないパーツであるため

眉以外のものに
しぼるのがオススメです。

さらに

何かと慣れや技術が必要で
内容も多岐に渡る目周りは避け

チークかリップをメインにする

のが簡単で即効性もあって
初心者向けだと思います。

【超簡単】今更聞けないメイクのコツ【誰でも出来る3つの実践】まとめ

いかがでしたか?

慣れや技術がない初心者さんでも
簡単に実践しやすいメイクのコツを
ご紹介してきました。

メイクで最低限押さえておきたい
3つのポイント

  1. ツヤ感
  2. 血色感
  3. バランス感

これを意識してみてくださいね。

もちろんメイク前のスキンケアや
使うアイテム選びによって

さらに仕上がりが良くすることもできます。

それら詳しい解説については
別記事にてあらためてお伝えしますので

興味がある方はぜひ読んでみてください。