GIVENCHY グロス・アンテルディNo.14 ソーラー・オレンジ レビュー

ジバンシィ グロス・アンテルディ No.14 ソーラー・オレンジ・サマーコレクション

2019年、
この夏はすっかりジバンシィに恋してしまっている。

ずっと昔から知っていたのに
久しぶりに会ってみたらそれまでが嘘みたいに
見るものすべてにときめいてしまう。

これはもはや、「恋」だと思う。笑

前回のコンシーラーに引き続き、
今回取り上げたいと思ったのはこの夏に
ジバンシィが打ち出したコレクションの中の
限定色リップグロス。

ジバンシィ グロス・アンテルディ
No.14 ソーラー・オレンジ・サマーコレクション。

罪なほど繊細で美しいツヤと
ミルキーでどこかヌーディーさを感じる
唯一無二のオレンジ。

巷にオレンジのリップやグロスなど
数え切れないほど存在するのに、

こんな質感と色みのグロスにはたぶん、
滅多にお目にかかれない。

これが定番色じゃなく、
あくまでこの夏の限定色というのも
イノセントなカラーとは裏腹に儚くてズルい。




名前の「アンテルディ」とは
フランス語で【禁断】を意味する言葉らしい。

PHに反応して色が変わる設計だけど、
実際につけてみると残ってほしい色感は
なんの遜色もなく持続してくれる。

昨今人気のティント系だと
見た目とつけたての瞬間の色みが好きなのに
あっという間に別の色に変わってしまって
残念に感じることも多いけれど、それもない。

むしろ私に関しては
時間が経過して変化した色のほうが
ますます好みで”キュンとしてしまう”ほど♡

たったひと塗りで唇にほしいもの
すべてが完成形で手に入ってしまう、
暑い夏の日の外出をスマートに、美しく、
アシストしてくれる格上げグロス。

ポーチの中にたった1本しのばせて
いつ何時もスタイリッシュに女を楽しむ。

そんなアクティヴとエレガンスを
持ち合わせた大人モテグロスだと思う。