cryptocurrency PR

【意外と知らない】イーサリアムとイーサリアムクラシック – 2つの仮想通貨の歴史と違い

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

イーサリアムの分岐に際して誕生したイーサリアムクラシックは、独自の発展を遂げています。このブログでは、イーサリアムクラシックの概要から誕生の背景、イーサリアムとの違い、特徴と利点、将来性までを詳しく解説します。仮想通貨に関心のある方は、ぜひこのブログを通してイーサリアムクラシックについて理解を深めましょう。

1. イーサリアムとイーサリアムクラシックの概要

イーサリアム(Ethereum)は、2015年にリリースされた分散型プラットフォームであり、スマートコントラクトを実行するための基盤として機能します。イーサリアムは、イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)と呼ばれる分岐コインを生み出すことになりました。

イーサリアムクラシックは、2016年にイーサリアムから分岐した仮想通貨であり、イーサリアムのブロックチェーンを引き継いでいます。しかし、イーサリアムクラシックのブロックチェーンは、イーサリアムとは別々に運営されており、イーサリアムクラシックのコミュニティによって支えられています。

イーサリアムクラシックとイーサリアムは、いくつかの重要な違いがあります。まず、発行上限が異なります。イーサリアムは発行上限がありませんが、イーサリアムクラシックは2100万枚という発行上限が設定されています。

また、両者のマイニング方法も異なります。イーサリアムは、2020年にPoS(Proof of Stake)への移行を計画しており、マイニングが行われません。一方、イーサリアムクラシックは、引き続きPoW(Proof of Work)方式を採用しており、マイニングが行われます。

さらに、イーサリアムクラシックは、IoT(Internet of Things)分野での活用を進めることで、イーサリアムとの差別化を図っています。これにより、イーサリアムクラシックは、イーサリアムとは異なる市場での利用価値を持つことが期待されています。

イーサリアムクラシックは、多くの仮想通貨取引所で取り扱われており、国内でも人気があります。一部の取引所では、少額からイーサリアムクラシックの取引が可能です。国内の主要な取引所の中でも、特にCoincheckは操作性の高いスマホアプリを提供しており、イーサリアムクラシックの取引に適しています。Coincheckの利用は、初心者にもおすすめです。

イーサリアムクラシックは、イーサリアムから分岐した仮想通貨であり、異なる特徴や将来性を持っています。この記事では、イーサリアムクラシックについての概要を解説しました。次に、イーサリアムクラシックの誕生と背景について詳しく説明します。

2. イーサリアムクラシックの誕生と背景

イーサリアムクラシックは、イーサリアムの分岐により誕生した仮想通貨です。その誕生の背景には「The DAO事件」と呼ばれる出来事が存在します。

The DAO事件とは

The DAOは、イーサリアムのスマートコントラクトを利用してベンチャーキャピタルのようなシステムを運用するプロジェクトでした。2016年5月に行われたICOでは、約150億円の資金が集まり、非常に注目されました。

しかしその後、The DAOは脆弱性を発見され、約360万のETH(当時の価格で約52億円相当)がハッカーによって盗まれるという事件が勃発しました。この事件を受け、イーサリアムの開発チームはハッキング前の状態に戻す「ロールバック」を決定しました。

イーサリアムクラシックの誕生

しかし、ロールバックには反対する意見もありました。彼らはイーサリアムの古いバージョンを維持し続け、その結果、イーサリアムクラシックが誕生しました。彼らはイーサリアムの本来のコンセプトである「コードが法律」という考え方から逸脱していると考え、分散化を重視する立場を取りました。

イーサリアムクラシックは、時価総額ランキングでも上位に位置し、イーサリアムと同様の特徴を持っていますが、互換性がなく独自の発展を遂げています。

イーサリアムクラシックの誕生には、The DAO事件とロールバックに対する反対が背景にあります。次は、イーサリアムとイーサリアムクラシックの違いについて詳しく見ていきましょう。

3. イーサリアムとイーサリアムクラシックの違い

イーサリアムとイーサリアムクラシックはイーサリアムの分割によって生まれましたが、それぞれにはいくつかの違いがあります。

プログラムコードの重要性

イーサリアムクラシックのコミュニティは、法としてのプログラムコードの重要性を信じています。彼らはTheDAO事件の解決策として「ハッキングされたデータを残すべき」と主張し、ブロックチェーン上でプログラムコードが支配権を持つべきだと考えています。そのため、イーサリアムクラシックのブロックチェーン上には、ハッキングされたデータが改善されずに残っていることがあります。

利用用途の違い

イーサリアムは、スマートコントラクト技術を導入した自律分散型アプリケーション(DApps)開発プラットフォームとしての役割を果たしています。一方、イーサリアムクラシックは、IoT(Internet of Things)プラットフォームとしての役割を進めています。これにより、イーサリアムクラシックはイーサリアムとは異なる利用用途を持ち、差別化を図っています。

発行上限の違い

イーサリアムは通貨の発行上限を設けていませんが、イーサリアムクラシックは発行上限が設定されています。イーサリアムクラシックの発行上限は約2億1000万ETCから約2億3000万ETCであり、発行上限のある通貨は市場の供給量が減り続けるため、価値が上がる傾向があります。

コンセンサスアルゴリズムの違い

イーサリアムは将来的にはPoS(Proof of Stake)への移行を予定していますが、イーサリアムクラシックは引き続きPoW(Proof of Work)のままです。これにより、イーサリアムクラシックは引き続き非中央集権色が強い仕組みとなっています。

上記がイーサリアムとイーサリアムクラシックの主な違いです。これらの違いにより、両者は異なる利用用途や特徴を持ち、投資家や開発者にとって異なる選択肢となっています。

4. イーサリアムクラシックの特徴と利点

イーサリアムクラシックは以下の特徴と利点を持っています。

4.1 高い流動性

イーサリアムクラシックは、イーサリアムと同じブロックチェーンを使用しているため、主要な仮想通貨取引所での上場もスムーズです。そのため、流動性が高く、利益を得やすいと言えます。

4.2 非中央集権型の運営

イーサリアムクラシックは完全な非中央集権型の運営をしており、運営方針は利害関係者によって決められることはありません。これにより、より民主的で市場原理に沿った通貨となっています。

4.3 サイドチェーンの利用

イーサリアムクラシックはメインチェーンに加えてサイドチェーンも持っています。これにより、大量の取引がある場合でも送金の遅延問題を解消することができます。特にビットコインやイーサリアムのような取引量の多い暗号通貨では効果的です。

4.4 スマートコントラクト対応

イーサリアムクラシックはスマートコントラクトに対応しており、分散型アプリケーション(DApps)の開発が可能です。これにより、多様な分野でイーサリアムクラシックを利用した新たなビジネスモデルが生まれることが期待されています。

4.5 IoT分野への活用

イーサリアムクラシックは、IoT分野への積極的な活用を進めています。IoTの普及により、イーサリアムクラシックの需要が増加する可能性があります。IoTとの組み合わせにより、セキュアなデータのやり取りや機器間の相互運用性を実現することができます。

以上がイーサリアムクラシックの特徴と利点です。これらの要素によって、イーサリアムクラシックは市場での価値向上や普及が期待されます。

5. イーサリアムクラシックの将来性

イーサリアムクラシックは、仮想通貨市場で注目を浴びている通貨です。将来的な展望について考えてみましょう。

5.1 IoT分野での活用拡大が期待される

イーサリアムクラシックは、イーサリアムとの差別化を図るために、IoT分野への活用に力を入れています。IoTはさまざまなデバイスがインターネットに接続され、情報のやり取りや連携を通じて生活や産業の効率化を実現する技術です。イーサリアムクラシックはIoT分野での活用に積極的に取り組んでおり、その普及により価格に大きな影響が生じる可能性があります。

5.2 国内の仮想通貨取引所での採用拡大がポジティブな要因

現在、国内の仮想通貨取引所でイーサリアムクラシックは取り扱われていますが、まだまだ採用されている取引所は限られています。将来的に他の取引所でもイーサリアムクラシックが採用されれば、需要の拡大が期待できます。その結果、イーサリアムクラシックの価格は上昇する可能性があります。

5.3 マイニング需要の増加とハッシュレートの上昇で利便性向上が見込まれる

イーサリアムクラシックもイーサリアム同様にProof of Work(PoW)を採用しており、マイニングによってブロックの生成や取引の承認を行っています。マイニング需要の増加により、ハッシュレートが上昇し、ネットワークのセキュリティと処理速度が向上することが期待されます。これにより、イーサリアムクラシックの利便性が高まり、需要が増加する可能性があります。

5.4 PoS銘柄への警戒感からPoW銘柄に注目が集まる可能性も

最近、Proof of Stake(PoS)を採用した仮想通貨が注目されていますが、一方でPoS銘柄への警戒感も高まっています。PoSにはネットワークの分散化やセキュリティの課題が指摘されており、そのためPoWを採用しているイーサリアムクラシックのような銘柄に注目が集まる可能性があります。

5.5 注意点:過去の51%攻撃のリスク

一方でイーサリアムクラシックは、過去に51%攻撃を受けた経験があります。これは悪意のあるマイナーが過半数以上の取引承認を独占し、不正な取引を承認することです。イーサリアムクラシックはこのような攻撃に対するリスクがあるため、セキュリティ対策や分散化の推進が重要です。

まとめると、イーサリアムクラシックはIoT分野での活用拡大や国内の取引所での採用拡大など、今後の動向によって価格に影響を与える要素があります。また、マイニング需要の増加やPoS銘柄への警戒感からも注目が集まる可能性があります。ただし、過去の51%攻撃のリスクにも注意が必要です。将来の価格変動については予測が難しいため、投資を検討する際にはリスク管理を徹底し、市場の動向を注視することが重要です。

まとめ

イーサリアムクラシックは、イーサリアムから分岐した仮想通貨ながら、独自の特徴と利点を持っています。高い流動性、非中央集権型の運営、スマートコントラクト対応、そしてIoT分野への積極的な活用などが注目されています。将来的にはIoT分野での活用拡大や国内取引所での採用拡大、マイニング需要の増加などが期待されます。一方で、過去の51%攻撃のリスクにも注意が必要です。イーサリアムクラシックの価格変動は予測が難しいため、リスク管理を徹底し、市場の動向を注視することが重要でしょう。

よくある質問

イーサリアムとイーサリアムクラシックの違いは何ですか?

イーサリアムとイーサリアムクラシックの主な違いは、発行上限の有無、コンセンサスアルゴリズム、利用用途の差異です。イーサリアムは発行上限がなく、将来的にPOSへ移行する計画ですが、イーサリアムクラシックは発行上限があり、POWのままです。また、イーサリアムはスマートコントラクト技術を活かしたアプリ開発に、イーサリアムクラシックはIoT分野での活用に注力しています。

イーサリアムクラシックにはどのような特徴と利点がありますか?

イーサリアムクラシックの主な特徴と利点は、高い流動性、完全な非中央集権型運営、サイドチェーンの利用、スマートコントラクト対応、IoT分野への活用などです。これらの要素により、市場での価値向上や普及が期待されています。

イーサリアムクラシックの将来性はどのようなものですか?

イーサリアムクラシックの将来性としては、IoT分野での活用拡大、国内の取引所での採用拡大、マイニング需要の増加によるネットワークの利便性向上、POSへの警戒感からPOW銘柄への注目などが考えられます。ただし、過去の51%攻撃のリスクにも注意が必要です。

イーサリアムクラシックの取引はどのように行えばよいですか?

国内の主要な仮想通貨取引所の中でも、特にCoincheckはイーサリアムクラシックの取引に適しています。Coincheckは操作性の高いスマホアプリを提供しており、初心者にもおすすめです。少額からイーサリアムクラシックの取引が可能です。