alacarte

&Rosy2020年7月号 雑誌付録レビュー

&Rosy2020年7月号を購入したので、付録と注目の本誌内企画ページについてレビューしていきたいと思います。♡

&Rosy2020年7月号の付録内容

ophelia.s(オフィーリア)です。

先日2冊購入したInRed6月号に続き
&Rosy7月号を発売当日に買ってきました♪

今回は付録が「洒落眉2点セット」

1.デジャヴュフィルム眉カラー(ナチュラルブラウン)
2.千吉良恵子さん監修眉バサミ

ということで
発売前から気になってた号。

私の一番のお目当ては
千吉良恵子さん監修の眉バサミ

100均ショップさんで猫モチーフの
眉バサミも買ったところですが、笑。

千吉良さんのメイクファンとしては
どうしても押さえておきたくて
情報を見た時から購入決めてました。

では内容を詳しくご紹介しましょう。

早速、BOXを開けてみた

付録なんである程度しょうがないけど
ダンボール素材の箱の中は割と殺風景。笑

価格が1,350円するので
通常の付録付き雑誌の相場としては
500円前後高いんですかね。

それもあってハサミと眉マスカラ本体
以外のものにまで使える予算が
なかったのかもしれません^^;

とくにコスメなんかは包装されてても
最終的には全部とって捨てるので

基本的には裸のまま入ってても
別にいいかなとは思うんですが・・・笑。

もう少し小さめの箱にできるなら
それでもよかったのかな?
という気はしました。

発売当初から話題のデジャヴュ眉マスカラ

では2点の付録を順番に見ていきます。
まずはデジャヴュのフィルム眉カラー。

このアイテムは発売されてすぐに
売り場でテストしてみて
ヘッドのコンパクトさがとても印象的かつ
使いやすい
と思った商品◎

色がたしか3つとかあるんですが
今回はオールマイティーな
ナチュラルブラウンが付録カラーに
なっています。

どれくらいコンパクトかというと
私の人差し指の先と撮った写真で
見比べてみてもらうと分かりやすいかな。

眉マスカラってモノによりますが
全体的にヘッドが若干大き過ぎる
と感じるものが多い気がします。

私の断トツにイチオシの眉マスカラは
KATEの3Dアイブロウカラーなんですが、

このデジャヴュのフィルム眉カラーは
かなり自然にカラーリングできて
ヘッドがコンパクトなのでちょうど
眉幅にそのまま合わせてメイクできる

というのが一番の優位性だと思います◎

但し、実際に改めて使ってみましたが、
正直これを使うことでパッと印象が変わるとか
そういう感じのアイテムではなく

あくまで自然な洒落感をプラスする
そういうアイテムですので

印象をガラッと変えたくて
なおかつ使い勝手も良い品であれば
KATEが圧倒的にオススメです♡

千吉良恵子さん×&Rosyの眉バサミ

お目当てだった眉バサミ。
とても楽しみにしていました。

尊敬する方の監修なので
ちょっと期待値が上がり過ぎたのも
あったなとは思うんですが、

今回はちょっと、、、

大変申し上げにくいのですが
だいぶ残念かなあ、という印象です。

理由はですね、

まず、「ハサミの動作が硬い」
そして「全然切れない」

これは眉用じゃなくても
ハサミ全般の感覚的に言っても
使えないレベルに切れない^^;

ハサミが硬いのはさておき
せめてよく切れてくれればねえ、、、

本当はこれ、
透明ビニールケースがもう少し
千吉良さんのネームロゴ入りとか

なんか簡単なデザイン性があれば
よかったなあ、なんてことを

レビュー内で書こうかなと
思っていたのですが

それ以前にモノが予想外に残念で
そんな話ではなくなってしまいました。泣

ついでにも少し細かいことをいうと、
フィルム眉カラーが定価880円なので

差し引くと本誌の価格と合わせて
約470円ということになるんですが

それを加味しても買う価値が
あると思うか思わないかは
読んでくださってるあなた次第かな、

とだけお伝えしておこうと思います。

読んでよかった本誌の企画ページ

眉バサミは残念でしたが、
本誌の中でとても参考になる
企画ページがありました。

千吉良さんが提案する
いまどき感があって”洒落見え”する
2つの眉メイクとポイント

紹介されています☆

私は千吉良さんのメイクが
見るたびていねいで、美しくて、
心底大好きなんですが、

千吉良眉(と勝手に呼ぶ、笑)の
奥義が分かりやすく簡単に
解説されていて、とても参考になります。

ま、眉バサミは残念でしたが
この企画ページだけで
470円なんか十分に相殺して余る
ほどの内容の4頁になってると思います。

雑誌は有料ですけど
たとえば私がライフワークにしてる
アメブロのような情報発信も
基本それ自体は無料なわけで

誰でも簡単にタダで情報を
受け取ることも発信することも
できるわけなんですけど、

私自身にも専門や何かに特化した
色んな経験や知識などがあるように

当然ながら千吉良さんのような
大活躍されているプロメイクさんが
長年培ってこられたナレッジ(知識・知見)
というのはお金に替え難い財産
なんですよね。

要するにその「財産を分けていただく」
ということと同じなので

その時点で物っ凄い価値が
あるということだと私は思ってます。

やっぱりハサミ系は難しいのかな?
という結論にしておきますが、

でもデジュヴュのフィルム眉カラーは
そのうち買おうと思ってたし

眉メイクの知恵も授かったので
それはそれでまた大きな収穫でした。

なにか参考になれば幸いです。

 

ではまた。

ophelia.s